eat tacos

maruko the dog and little amy's happy life

ミハリつき

コノ ミハリバン ワタシとニテル? 

マネシナイデ。

春気分

で、ヘルシーちらし。

ゆず入り酢飯に大豆の煮物とタマゴとシソ。 no シーフード、no ミート。
だから沢山食べれるかもと思ったけど、1杯しか食べれなかった。

4ジ55フン

ゴハンまでアト5フン。 ドキドキ、ママチャンのウゴキにチュウモクDaワン。

ママチャンからハナれない。オサエコミ。

ウエからもミハルのDaワン。

ホールinワン

は、サセナイdaワン!

巻き巻き

ネギを豚肉で巻き巻き。

ねぎ2種類にマヨと味噌と少し砂糖を混ぜて、それを豚肉で巻く。

あとは焼く。最後に醤油とみりんで絡める。

豆乳野菜スープとほうれん草の黒ゴマ和え。

大豆

ばっかり。

納豆、大豆の煮物、味噌汁。そんなに大豆好きだったかな・・・ワタシ?

残りのぶり大根。味がしみてておいしー。

mi amor

Cholula

並べちゃった。

岡本太郎美術館

岡本太郎美術館では毎年「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」というのをやっている。

http://www.taromuseum.jp/

若手のアーティストの作品が選ばれ展示している。

年始にやったテント展のインスタレーションアーティストのヤマグチ君が1名のアーティストの展示を手伝っていたこともあって、彼に誘われ久しぶりに美術鑑賞。

とりあえず腹ごしらえ。↓これそば屋。

本物のかやぶき屋根

私以外みんなLefty

そしていざ美術館へ・・・と、思ったらスケボーDogが!

道ががたがたで上手に乗れずちょっと悲しがってた。

やっと美術館へ。
まずは岡本太郎様 様 の、アートを観る。今回のヒットは「河童」

何度観ても岡本太郎様 様 は、言葉に表せない世界へ連れてかれる。
本当に爆発だ!

彼の作品を堪能した次にTARO賞の展示室へ。

若いのにすごい。これは感動した。中でもぜひ会いたいと思ったくらい気に入った作品は、
長谷川 学の「風の前の塵」とサガキケイタの「イドラ-最後の晩餐-」。

長谷川さんのは、紙とえんぴつだけで銃や弾のオブジェを作っているんだけど、どー見ても紙で出来ているようには見えない。テクスチャーは間違いなく金属に見える。すごい!

サガキさんのは、遠くから見ると最後の晩餐の絵。
でも、
近くで見ると、ゆる~いキャラクター達でいっぱい! やる気のないゆるゆるスフィンクスだったり・・・、いろいろいた。このすごさは文字では表現できないわ。

岡本太郎様 様と張り合う

こんなBudda見たこと無い、しかもミサイルが・・・。

TARO賞は4月までやってるから、機会がある方はぜひ!

ここで飲むお酒は進む&楽しい

友人宅にてチーズフォンデュ!

今回の変り種はさつまいも。あんまりHITしなかった。

ん??

まるちゃんの大親友は今年の4月から小学生。という事で、借りてみた。

ランドセル、ちっちゃっ。

シャンパンから始まり、白、赤3本・・・とてもおいしい日本酒・・・う~ん、おいしいお酒をたくさん飲んだ。

夜中をすぎたころ、またまた酔っ払いエイミーの毒舌がヒートアップし、いい名言が出たような気がするが、何を言ったのか全く覚えていない。

どんだけ飲んでも、自分が話したこととか忘れないタイプなんだけど、年か・・・? 何の話をしていたか思い出せないのだ。

しかも、次の日の夜までお酒が抜けきれない。

いくらおいしくても飲みすぎは注意だな。 でも楽しいと進んじゃうんだよね~。

ぶり大根

お昼は和食、夜は洋食。これ最近の流れ。

ぶり大根

大根はした茹でして、ぶりもちゃんと血合いを熱湯で洗い流してから作ったから、すっごくおいしかったー!

冬になると蔵王を思い出して必ず玉こんにゃくの煮物を作る。
あの寒い雪山の中で食べる玉こんにゃく! あ~、懐かし~。

って、最後に蔵王に行ったのはたぶん11歳のとき・・・。

それって、何年前?? まだ覚えているのかその味を!?

恐るべし食べ物への執念。

Pages: Prev 1 2 3 ... 94 95 96 97 98 99 100 ... 105 106 107 Next